2020年月11月5日
クックパッド株式会社

クックパッド、横浜市と連携協定を締結
「新しい生活様式」に対応する買い物環境構築の取組みを開始

クックパッド株式会社(以下当社)は、横浜市と「新しい生活様式における生産者・販売者(商店街等)・消費者をつなぐ新しい買い物環境を通じた商店街等の活性化の取組に関する連携協定」を、本日締結したことをお知らせいたします。政令指定都市との連携協定は当社において初の試みです。

このたびの連携協定では、地域の生活の基盤であり、地域コミュニティの核として市民生活を支えている商店街を支援するため、「新しい生活様式」に対応した買い物手段である生鮮食品EC「クックパッドマート」を活用して、商店街等の活性化及び市民生活の利便性向上の実現に寄与することを目指します。

当社はこれまでも横浜市内でサービスを提供してきました。今後は横浜市と共に、市民の方々や生産者・販売者が、商品の受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、より活用していただけるよう広報活動や出店・販売促進の支援等で協力していきます。

クックパッドマート公式サイト:https://cookpad-mart.com/

 

■連携協定の概要

【連携協定名】
新しい生活様式における生産者・販売者(商店街等)・消費者をつなぐ新しい買い物環境を通じた商店街等の活性化の取組に関する連携協定

【連携事項】
・生産者・販売者(商店街等)の販売促進支援に関する事項
・生産者・販売者(商店街等)との連携に向けた情報提供に関する事項
・生産者・販売者(商店街等)のPRに関する事項
・商店街等の賑わい創出に関する事項
・消費者の利便性向上に関する事項
・空き店舗・空きスペースを活用した買い物環境向上に関する事項
・その他、商店街等商業振興・地産地消の推進に関する事項

【締結日】
2020年11月5日(木)

【協定書の署名者】
横浜市長 林 文子
クックパッド株式会社 代表執行役 岩田 林平

 

■事前決済&非接触での受け取りで「新しい生活様式」に対応

厚生労働省による、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例として、買い物においては「通販も利用」「1人または少人数ですいた時間に」、「電子決済の利用」、「計画をたてて素早く済ます」といった買い物の仕方が推奨されています。

クックパッドマートは、アプリから事前決済した商品をマートステーションから受け取る形式のため、店員や他の買い物客との接触を避けて短時間に買い物を済ませられます。新しい生活様式に対応した買い物手段として安心してご利用いただくことができます。

 

■連携の背景

生鮮食品EC「クックパッドマート」は、毎日の食生活を豊かにしてくれる地域の生産者や販売者と、消費者をつなぐ様々な仕組みを開発しています。これまでも各地域の生産者団体などと連携し、新鮮でおいしい食材を、送料無料で出荷当日に消費者へ届けてきました。

2020年8月には、東京都町田市、JA町田市と連携協定を締結し、町田市の抱える市内農産物の流通や販売促進の課題に対して、クックパッドマートの流通を活用することで、町田市内産農産物の市内流通を通じた地産地消の推進を実現しています。

現在、横浜市は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図りつつ、地域の生活の基盤であり、地域コミュニティの核として市民生活を支えている商店街の活性化を支援するため、テーマ型共創フロントにおいて民間事業者からの提案を募集しています。

このような状況を受け、当社はクックパッドマートを活用した「新しい生活様式」に対応した商店街等の活性化の取組を提案し、横浜市と連携協定を締結することとなりました。

 

■横浜市内におけるこれまでの取り組み

これまでもクックパッドマートは、横浜市においてサービスを展開してきました。商品の受け取り場所である「マートステーション」は、市内のコンビニエンスストア、「アソビル」「セルテ関内」といった駅前の商業施設、マンションなどを市民の生活動線上に約20箇所設置され、多くの市民の皆さまにサービスをご利用いただいています。

JA横浜営農経済センターみなみ集荷場、横浜市中央卸売市場、横浜南部市場など市内4箇所に共同集荷所を設け、市内の生産者や販売者、市場の仲卸など数十の出店者が出店しています。

2020年5月には、JA横浜との連携を記念した「横浜・湘南ファーマーズマルシェ」や、大正二年創業の老舗鶏肉専門店「梅や」が参加する「地元で愛される老舗グルメ」などのオンラインマルシェの開催、横浜市中央卸売市場のまぐろ問屋「八清」による「まぐろ解体ショー&販売会」を開催するなど、横浜の生産者や販売者の皆さまと共に企画して、食卓に笑顔を届けてきました。

 

■地域社会の課題を解決する「地域生産物の販促・流通構築パッケージ」

クックパッドマートでは、地域生産物・産品の販促や流通に課題を持っている地方自治体や、地域生産者の販売機会を増やしたい、販路を拡大したいと考える農協、市場組合、商店街組合などの生産者団体、販売者団体を募集しています。

これまで培ってきたノウハウやデータを活用して、課題解決のための提案から流通システムの構築までを皆様と共に進めていきます。

 

【パッケージ内容】

・地域産品流通の地域内外における物流の提案
・地域産品の販売促進手法の立ち上げ/改善提案
・関係者/関係各社を巻き込んだプロジェクト組成/推進支援
(既に立ち上がっているプロジェクトに対しての後方支援含む)
・出店する生産者様への商品選定アドバイスやユーザーからの各種フィードバックの提供
・地域内流通を想定した、適切なステーション設置場所のコンサルティング

▼お問い合わせ・お申し込みはこちら
https://cookpad.com/ct/187907

 

■参考資料

【共創フロントについて】

共創フロントとは、民間事業者の皆様から公民連携に関する相談・提案をいただく横浜市役所の窓口です。テーマ型共創フロントでは、横浜市の各部署から、さまざまなテーマについて民間の皆様からの提案を募集しています。
横浜市経済局商業振興課では「商店街が地域住民にとって安心して買い物できる場となるための環境づくり及び商店街活性化につながる賑わい創出等に関する提案」(№108)をテーマに募集しています。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/kyoso/kyosofront/front/syousai/theme-front.html

 

【生鮮食品EC「クックパッドマート」について】

クックパッドマートは、生産者と消費者をつなぐ生鮮食品ECプラットフォームです。地域の生産者が販売する食材を、1品から送料無料で、出荷当日に新鮮な状態でお客様へお届けします。
注文した商品は地域に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」に届けられ、利用者が指定した「マートステーション」から好きな時間にピックアップすることができます。2020年4月より一部地域において自宅への宅配サービス(有料)も開始。ピックアップ・宅配の2つの手段からライフスタイルに合わせたご利用が可能です。マートステーションは東京都23区・神奈川県横浜市・川崎市に約270箇所に設置されています。

公式サイト:https://cookpad-mart.com/
公式Instagram:https://www.instagram.com/cookpad_mart/
公式Twitter:https://twitter.com/cookpad_mart
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCQb6QYSgBQYAsyCv6Xv2Fuw

 
クックパッドとは
会社概要
プレスリリースに関するお問い合わせ先