2018年12月20日
クックパッド株式会社

クックパッド、投稿レシピ数が世界500万品を突破!
〜海外進出を加速、マレーシアが新たに加わり70カ国でサービスを展開〜

クックパッド株式会社は、「毎日の料理を楽しみにする」というミッションのもと、1998年3月に日本で料理レシピの投稿・検索サービス「クックパッド」を開始し、2018年で20周年を迎えました。「クックパッド」の価値の源泉は、多くのレシピ投稿者より寄せられた、多様なレシピであると考えています。レシピ投稿者がより楽しくレシピを投稿できるためのサービス改善を続けた結果、レシピ数は堅調に増加を続け、2018年11月末時点で、全世界合計で500万品を突破したことをお知らせします。

 

■ クックパッドの海外展開について

2014年より海外展開を本格化し、2016年12月にはイギリス・ブリストルにて海外事業の拠点となる第2本社を開設しました。その他にもスペイン、インドネシア、レバノン、ロシアなど、世界10カ国に拠点を構え、サービス開発を進めています。それぞれの国や地域の食文化に根ざしたコミュニティ形成や、料理を楽しみにするためのきっかけ作りに取り組み、2018年11月末時点で70カ国、25言語にサービスを展開しています。

 

参考:クックパッド展開国の一覧
https://info.cookpad.com/service_product/overseas

当社は、料理がより幸せで、健康的な生活をつくる鍵であると信じています。世界での「クックパッド」の月間利用者数は約9,200万人に到達しましたが、世界中すべての家庭で「毎日の料理を楽しみにする」ことは達成できておりません。
また、食育の機会の減少や食材の流通、調理スキルの減少など、料理にまつわる課題は数知れません。当社は料理にまつわる課題をスピード感を持って解決し、「料理×テクノロジー」という掛け算で、よりよい世界を作っていくことに今後も挑戦していきます。

 

クックパッドとは
会社概要
プレスリリースに関するお問い合わせ先