2018年11月27日
クックパッド株式会社

クックパッド、「食トレンド大賞2018」と「食トレンド予測2019」を発表
〜「健康志向」と「時短×スローライフの両立志向」がキーワード、大賞は「サバ缶」〜

クックパッド株式会社は、2018年「食トレンド大賞」を発表しました。
本賞は、クックパッドの検索データ分析ツール「たべみる」*や「クックパッドニュース」のアクセス数などをもとに、今年を代表する家庭料理のトレンドキーワードを選出する企画です。あわせて、2019年のトレンド予測も発表しました。

 
■2018年は「健康志向」と「時短×スローライフの両立志向」へのニーズが加速
 近年高まる健康志向。クックパッドの検索動向からは、生活者一人ひとりのライフスタイルに合わせ、“健康”の定義が多様化している様子が伺えました。例えば、ヘルシーな料理を探す際にこれまで多用されていた「カロリーオフ」というキーワードの検索頻度は年々下がり、逆転する形で2017年からは「低糖質」というキーワードが上昇しています。
 また、子育て世代や仕事を持つ忙しい生活者に、時短レシピも引き続き人気です。その一方で、スローライフの要素を取り入れ、手間のかかる料理をイベントとして楽しむ層も増加し、一見両極ともいえるニーズが同時に高まる「両立志向」が顕在化しました。

 
■大賞は“時短/高栄養価/リーズナブル”で主婦の心を捉えた「サバ缶」レシピ
「健康志向」と「時短✕スローライフの両立志向」が高まる中、人気を博した料理は「サバ缶」レシピでした。調理工程が少なく時短が図れる手軽さや、リーズナブルな食材で家計にも優しいこと、不足しがちな魚を食べることができ、保存もきくという実用性がメリットのサバ缶。多様なライフスタイルのニーズに応える料理として注目が高まり、そのアレンジレシピが人気になりました。「炊き込みご飯」や「アクアパッツァ」など幅広い料理で活用され、クックパッドで「サバ缶」と検索したときのレシピ数は3,827品*2にものぼります。

「食トレンド大賞」選出の10キーワードはこちら
https://cookpad.com/campaign/foodtrend2018
 

■2019年は、伝統食材を使った進化系レシピと、海外から来た新食材レシピに注目
2019年は世界的な健康志向の高まりにより、味噌や納豆など「和の発酵食」が海外の食文化と融合し、新たなレシピが誕生しそうです。また、国内では、インバウンド需要の盛り上がりとともに、「ひよこ豆」や「新野菜」を使ったヘルシーな料理が注目されると予測しています。SNS映え料理は引き続き人気を集め、来年は「パネチキン」「スパイスカレー」など、SNSを通じて話題になる料理も増えそうです。

「食トレンド予測」選出キーワードの一例
(左上:ひよこ豆レシピ/中央上:スパイスカレー/右上:バスクチーズケーキ/
左下:自家製「和の発酵食」/中央下:ドライフルーツブラウニー/右下:新野菜)

 

「食トレンド予測」選出の7キーワードはこちら
https://cookpad.com/campaign/foodtrend2018
 

*「たべみる」とは https://info.tabemiru.com/
日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」の検索・アクセスログデータを活用した、明日の食が見えるビッグデータサービスです。食材・地域・季節・食用シーン(誕生日や運動会など)といった様々な切り口で分析を行うことができます。本賞選出にあたり、2018年1月1日~11月15日にクックパッドで検索された約10万種類の検索語を対象に分析を行っています。

*2「サバ缶」のレシピ数は、2018年11月22日時点のものです。

クックパッドとは
会社概要
プレスリリースに関するお問い合わせ先