2018年08月09日
クックパッド株式会社

クックパッド、パートナー企業10社を発表!
スマートキッチンサービス「OiCy」との連携を目指す

クックパッド株式会社は、家電などの機器にレシピを提供するスマートキッチンサービス「OiCy」と連携した製品やサービスの実用化を目指していくパートナー企業10社を発表しました。あわせて、スマートキッチンの方向性と目標を示すために「スマートキッチンレベル」を定義し、公開したことをお知らせいたします。

■パートナー企業(50音順)
アドウェル株式会社、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、オンキヨースポーツ株式会社、クリナップ株式会社、株式会社 椎茸祭、シャープ株式会社、タイガー魔法瓶株式会社、日立アプライアンス株式会社、プランティオ株式会社、株式会社LIXIL

各社とは、OiCyと連携する製品やサービスの開発に向けて共同で取り組んでまいります。それぞれの進捗については順次発表を予定しています。なお、当社では引き続きOiCyとの連携を目指すパートナー企業を募集しています。

スマートキッチンサービス「OiCy」サイト:https://oicy.cookpad.com/

 
■クックパッドが目指すスマートキッチンの未来
クックパッドは、スマートキッチンの方向性と目標を示すため「スマートキッチンレベル」を定義し、2018年8月9日に開催された「スマートキッチン・サミット ジャパン2018」内で発表しました。
今後、機器が自律的に調理を行う未来が訪れたとき、料理をする人が負担と感じる調理作業を機器に任せることができるようになります。その結果、料理が本来持つ「楽しさ」に、より目を向けやすくなると考えます。
クックパッドは、パートナー企業と共に、人と機器が協調することで実現する「新しい料理体験」の創出を目指します。
 
【スマートキッチンレベル】

レベル 名称 概要 対応主体 目標年
0 人力調理 ユーザーが全ての調理タスクを実行。 人間 (現在)
1 固定機能支援 機器がプリインストールされた機能により調理の一部を実行。 人間 (現在)
2 ネットワーク連携支援 機器はネットワークに接続され、追加機能や多様な情報を取得し、それにもとづきユーザーに合ったレシピ提案や調理を実行。 人間 2019
3 機器横断的自動化 複数の機器がネットワークに接続され、機器が同じレシピを参照し、それぞれの調理を実行。 人間 2021
4 全自動化 機器は機器同士の物理連携も含め、ユーザーの最小限の支援のもと、自律的に全ての調理を実行。 機器 2026
5 人間・機器協調 機器が全ての調理を自律的に実行することができ、ユーザーは機器のサポートを受けながら自由に創意工夫し、機器と協調して調理することが可能。 機器・人間 2030

 
【スマートキッチンサービス「OiCy」とは】
「OiCy」は、クックパッドに投稿されたレシピを、機器が読み取り可能な形式(MRR: Machine Readable Recipe)に変換してキッチン家電に提供することで、レシピ内容に合わせて機器を自動で制御できるようにするサービスです。

参考:クックパッド、キッチン家電にレシピを提供するスマートキッチンサービス『OiCy』を公開!
https://info.cookpad.com/pr/news/press_2018_0508
 

クックパッドとは
会社概要
プレスリリースに関するお問い合わせ先