ニュースリリース

2014年11月27日
クックパッド株式会社

クックパッド、第一回「クックパッドアワード2014」を発表
〜大賞は「塩レモン」、今年注目されたのは「リッチ感」「家族」「共有」〜

クックパッド株式会社は、2014年の食トレンドが分かる「クックパッドアワード2014」を選出いたしましたのでお知らせします。同アワードは、クックパッド編集部が、2014年1月1日~11月25日のクックパッドのキーワード検索数、レシピ投稿数、クックパッドニュースアクセス数などのデータをもとに、食の楽しさを伝えた10個のキーワードを「クックパッドアワード2014」として選びました。
大賞には、昨年から約77倍に検索数が増えた「塩レモン」が受賞しました。また、芸能人部門には、「ベストクッキングママ賞」として優木まおみさん、「ベストクッキングカップル賞」には保田圭さん・小崎陽一さんご夫妻が受賞しました。

chart

 

■「クックパッドアワード2014」総括
2014年、私たちの食卓に大きな影響を与えたのは、4月1日から行われた消費税増税でした。節約傾向が高まる中、大きな特徴は「家計を守りながらも決しておいしさも楽しさも諦めない」こと。その象徴となる検索キーワードが「鶏むね肉」でした。本来「鶏むね肉」は安く、油分が少ないためパサついてしまいがちですが、「鶏むね肉 やわらかく」といったキーワードの組み合わせ検索が多く、創意工夫をして節約とおいしさを両立させるレシピが人気となりました。
また、今年流行した料理キーワードには三つの傾向がありました。一つ目は「いつもの食材でワンランクアップのリッチ感」。例えば、海外で流行している外食メニューの「フレンチトースト」、「エッグベネディクト」は身近な食材である「卵」が主役のランクアップメニューです。二つ目は、「料理が家族のコミュニケーションに」。中でも注目を集めたのは、トーストにチョコペンでメッセージを書く「警告パン」、切り込みを入れ宇宙人に見立てたソーセージ「ソーセー人」、子ども達から絶大な人気を博す「妖怪ウォッチ」のデコ弁など家族を想って作り、また喜んでもらえる料理に注目が集まりました。三つ目は「人に共有したくなる料理」。例えば恋愛ドラマで話題になった「ボンボンショコラ」やマンガ『クッキングパパ』の「おにぎらず」等、やってみよう!驚き!という気持ちを共有できるレシピが話題になりました。
■「クックパッドアワード2014」キーワード受賞理由
・大賞:「塩レモン」
モロッコ発祥の調味料ですが、昨年末からじわじわとレシピ投稿数が増え、2014年4月に一気にブレイクした「塩レモン」。いわゆるレモンの塩漬けで、作り方はスライス、もしくはカットしたレモンと塩を合わせて1週間〜1ヶ月ほど漬け込むものです。
2013年から2014年で検索は約77倍に増加し、投稿数も2516品(2014年11月25日現在)になりました。各家庭ならではの漬け方があったり、魚・肉・野菜・スイーツ・ドリンクとさまざまに活用できたりと、簡単なのにアレンジの幅も広い点も大ブレイクした要因でした。
「塩レモン」には、下記の今年注目された「リッチ感」「家族」「共有」の三つの要素がありました。

1)発祥はモロッコ料理というレシピでありながら、漬け込むのは塩とレモンというポピュラーな食材。また、それだけでワンランク上のリッチ感のあるメニューが展開できること
2)各家庭ならではの配合比率やアレンジ方法があることから、自分の家族が喜ぶ味を開発したいという想いが込められていること
3)漬け込んで1ヶ月後から活用するというスローライフの要素や、瓶にオシャレに詰めるというビジュアルも、「作ったよ!」と共有するのに向いていたレシピであったこと

以上、「リッチ感」「家族」「共有」という三つを体現したレシピであったことから、2014年を代表する最も食の楽しさを伝えたキーワードとして、大賞に選ばれました。

・「ボンボンショコラ」
最近は料理をテーマにしたドラマやマンガも多く、それらの影響でさまざまなレシピが人気になっていますが、2014年に反響が大きかったのは、2014年1月〜3月に放映されていた人気ドラマで、主人公のショコラティエが、想いを寄せる女性のために心を込めて作ったのが「ボンボンショコラ」でした。多くの恋する女性達のハートをつかみ、バレンタインシーズンという時期も重なって、クックパッドでも検索数が急上昇しました。

・「エッグベネディクト」
最近の食トレンドの流れの一つに、海外の人気店が日本に上陸し、その人気メニューの味を家庭で再現し、大ブームになる傾向があります。パンケーキに引き続き、人気を博したのが「エッグベネディクト」。“とろ〜り卵”の人気や節約食材でもある卵を使っている、ということも見逃せません。

・「鶏むね肉」
2014年4月1日から消費税が5%から8%にアップ。家計防衛の一つとして大注目されたのが、メインおかずとしても使える「鶏むね肉」です。100g当たり50円程度で購入できる安さ、メインおかずとして十分な満足を得られるボリューム感、高たんぱくなヘルシーさと嬉しいことが多い食材です。ただし、パサついてしまう…という課題があるため、「鶏むね肉」をやわらかく調理するレシピが人気を博しました。

・「ソーセー人」
切り込みを入れ、宇宙人に見立てたソーセージのこと。注目のお弁当おかずとして、クックパッドニュースで4月に紹介した途端、かわいい・面白いとネットやテレビなどでも取り上げられ、大ブレイクしました。子ども達が大喜びするだけでなく、「ソーセー人」キャラクターのストーリーを考えたり、いろんなタイプの「ソーセー人」が登場したりと、大人も童心に返れる愛らしさがポイントでした。

・「タイ料理」
世界で最もおいしいと言われることもある「マッサマンカレー」、タイ・バンコクで人気の直営店が日本上陸したことで注目を浴びた「カオマンガイ」、調味料として新定番の地位を確立した「ナンプラー」などタイ料理の人気が急上昇。ファミリーレストランでのメニュー展開やレトルト食品の商品化によって一般家庭にも浸透し、2014年夏は「タイ料理」が盛り上がりました。

・「トースト」
トーストにチョコペンでメッセージを書く「警告パン」、梨をのせた「梨トースト」、外食の人気メニューからブレイクした「フレンチトースト」など、朝ごはんやブランチ、軽食にと「トースト」が大活躍しました。2学期の新生活に合わせてクックパッドニュースが配信した「トースト1週間カレンダー」も大人気の企画となりました。

・「妖怪ウォッチ」
2014年に子ども達の中で圧倒的人気を集め、社会現象にまでなったのが、ゲームキャラクター&アニメの「妖怪ウォッチ」。子どもの喜ぶ顔が見たいとグッズを買うために親が奔走したように、キャラクターをデコレーションしたお弁当を作ろうと、クックパッドでも「妖怪ウォッチ」をキーワードに検索されるようになりました。2014年4月の1学期スタートとともに検索数が上昇し、さらに2学期に入ってさらに上昇。その人気は留まるところを知りません。

・「おにぎらず」
元はマンガ『クッキングパパ』(講談社刊)22巻で紹介されているおにぎりレシピ。8月下旬、クックパッドで検索数が急上昇し、それをクックパッドニュースで報じたところ大ブレイク。にぎらないおにぎりだから「おにぎらず」というネーミング、とにかく簡単で時短、さまざまな具をはさめる、しかもにぎらずやわらかなのでおいしい、ということでテレビや新聞、雑誌などでも取り上げられ、大いに話題になりました。

・「冷凍卵」
10月中旬にクックパッドニュースで紹介した、生のまま殻ごと冷凍する「冷凍卵」。その「冷凍卵」を解凍すると黄身がもちもちクリーミーになりおいしいということで、やってみたい!という人たちが続出しました。新食感の、卵かけごはんにしたり、ハンバーグの中に入れたり、半分に切って2個の小さな目玉焼きにしたりと、さまざまにアレンジできる点も人気の理由となりました。

 

クックパッドとは
会社概要
プレスリリースに関するお問い合わせ先