2021年11月26日
クックパッド株式会社

クックパッドの食育絵本サブスク「おりょうりえほん」、第14回ペアレンティングアワードにおいてモノ部門賞を受賞
〜絵本の読み聞かせを通じた楽しい食育で、忙しい共働き世帯の育児をサポート〜

クックパッド株式会社が運営する子ども向け食育絵本サブスクリプションサービス「おりょうりえほん」は、子育て世代に支持される育児雑誌の編集部が協働で運営するペアレンティングアワード事務局が主催する「第14回ペアレンティングアワード」においてモノ部門賞を受賞しました。

第14回ペアレンティングアワード公式サイト:https://parentingaward.com/

 

■要約

・クックパッド運営の「おりょうりえほん」が、第14回ペアレンティングアワードにおいてモノ部門賞を受賞。
・「おりょうりえほん」は、読み聞かせ時間を使って正しい知識を子どもに伝え、食や料理への関心を引き出すことができる食育絵本を毎月届けるサービス。2019年のサービス開始から累計27,000冊以上を発行。
・時間や場所を問わず、親子で楽しく食育できる点が子育て世代に支持されている。

 
ペアレンティングアワードとは、子育て雑誌が実行委員会を構成しており、毎年、その年に話題を集めた「子育てにまつわるトレンド(ヒト・モノ・コト)」を表彰、その業績を讃えることで、更なる発展を促し、日本がもっと子育てしやすい国になることを目的とするアワードです。

おりょうりえほんは、絵本の読み聞かせ時間を使って食や料理の正しい知識を伝えることができる手軽さと、子どもの発達段階に合わせてストーリー設計された点が子育て世代から支持を受け、今回の受賞に至りました。

 

■「おりょうりえほん by cookpad」とは

「おりょうりえほん」は、子どもの食に関する興味喚起と理解促進を目的とした、クックパッド監修のオリジナル食育絵本サブスクリプションサービスです。2019年のサービス開始以降、2〜6歳の子どものいる家庭に支持され、累計27,000冊以上(2021年10月末時点)を発行しています。

近年、偏った栄養摂取、朝食欠乏などの食生活の乱れや肥満・痩身傾向といった子どもの健康にまつわる問題が深刻化しています。このような状況において、2006年に制定された食育推進基本計画では健康寿命の延伸を目的とした食育の実施が明記され、学校や地域社会、家庭でも食の正しい知識を伝えることが重要となっています。

「おりょうりえほん」は、日常的に行われている読み聞かせ時間にこの絵本を読むことで、親に専門的な知識がなくても無理なく食育することができることが特徴です。食をテーマにした絵本やシール遊びを通じて子どもの好奇心を刺激し、「食べてみたい」「作ってみたい」という挑戦意欲を引き出します。

 
実際に定期購読しているユーザーからは、おりょうりえほんのサービスについて以下のような声が寄せられています。

「苦手な食べ物も挑戦しようとしたり、バランス良く食べるようにお皿の野菜など残さず食べたり、果物も食べるようになりました」
「えほんを初めてから、子供ができる範囲でできることをすればいいのだと学び、お手伝いをされることへのハードルが下がりました。今はレタスをちぎる、味見をする、味噌汁を分けるななどのお手伝いができるようになりました」
「週末に5歳の子どもとランチ作りをするのが習慣になりました。レシピシール帳と『きょうのごはん何がいい?』付録のポスターを見て献立を決め、子どもが主導で料理しています」

おりょうりえほん公式サイト:https://ehon.cookpad-kids.jp/

 

■メディア掲載、取材に関するお問い合わせ

以下の問合せフォームより具体的な内容(ご企画のテーマ、質問項目、取材希望日など)を記載してお送りください。広報担当より直接お返事いたします。

広報へのお問い合わせフォーム:https://info.cookpad.com/contact/pr

 
クックパッドとは
会社概要