2021年8月5日
クックパッド株式会社

クックパッド、全国11の自治体と連携しご当地グルメをつくって楽しめる「おうちでご当地グルメパーティー」を開催
〜2021年夏の旅行の実態とご当地料理に関する調査も実施〜

クックパッド株式会社は、料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にて、全国11の自治体と連携し、「おうちでご当地グルメパーティー」を8月5日(木)より開催します。期間中、特設ページやニュースメディア「クックパッドニュース」で全国のご当地料理を紹介する他、各自治体が公開しているご当地料理のレシピを自宅で再現し、体験を共有する企画を実施。ユーザーは、自宅にいながら、料理を通じて全国各地の特産品や食文化を知り、楽しむことができます。

 

■企画背景:長引く自粛生活による旅ニーズの高まりと、ご当地料理の人気

 2020年以降、新型コロナウイルス感染症の拡大により、旅行や帰省を控える動きが続いています。
当社が2021年7月に行った調査では、回答者の過半数が今夏「旅行をする予定がない」を選択。その理由として「旅行したいが新型コロナ感染症が心配だから」を選択した人が55%を占め、長引く自粛生活の中で、旅行をしたくてもできないという実態が浮き彫りになりました。

 そんな中、旅行に期待することとして81%が「現地の料理・食事を味わうこと」を選択。「自宅でも地方のご当地料理を味わいたい」という人は73%を占めました。
 レシピサービス「クックパッド」では、沖縄の郷土料理「にんじんしりしり」の検索頻度*1が2020年以降上昇。全国の自治体が開設している公式キッチン*2には、「旅先で味わった料理を家でも再現できて嬉しい」「地元の懐かしい料理を味わえた」というコメントが寄せられるなど、旅行や帰省がしづらい中、ご当地料理は根強い人気があることが伺えます。

 こうしたニーズを受け、クックパッドでは、自宅にいながら各地のご当地料理を楽しむことができる「おうちでご当地グルメパーティー」を8月5日(木)より開催します。期間中は全国11の自治体と連携し、各地のご当地グルメを紹介する特設ページを開設。また、ニュースメディア「クックパッドニュース」で、各自治体が紹介するご当地料理のエピソードやレシピなどを紹介します。さらに、例年帰省が多くなるお盆期間には、クックパッドアプリ内で、ユーザーが作ったご当地料理の写真とコメントを投稿する企画を開催します。
 これらの企画によって、帰省や旅行を断念した多くの人に、ご当地料理を通じて自宅にいながら各地の食文化を知り、楽しむ機会を提供します。
 

■調査結果:2021年夏の旅行の実態とご当地料理に関する調査

・2021年夏、旅行を控える人は過半数
 「旅行をする予定がない」と答えた人は53%
 23%は「まだわからない」としており、「旅行の予定がある」と回答したのは24%
・旅行を控える最大の理由は「コロナ感染が心配」
 「旅行の予定がない」「まだわからない」と回答した理由は、「コロナへの感染が心配だから」が最多の55%
 次に多かったのは「旅行をする経済的余裕がないから」で29%
・旅行に期待することは「現地の料理を味わうこと」が最多
 「現地の料理を味わうこと」が81%、次点は「景色を見ること」(67%)、次いで「その場でしかできない体験をすること」(56%)
・自宅でもご当地料理を味わいたい人は7割以上
 「地方の名物料理やゆかりのある土地のご当地料理を自宅で食べられたら嬉しいですか?」という質問に対して、73%が「そう思う」「どちらかというとそう思う」と回答
 

 

 
【調査概要】
・調査名:旅行とご当地料理に関する調査
・調査方法:インターネット調査
・調査期間:2021年7月9日〜15日
・調査対象:全国20代〜50代の男女(508サンプル)
・調査企画:クックパッド株式会社
 

■全国11の自治体と連携した「おうちでご当地グルメパーティー」

 料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」では、現在国内外180以上の公的機関が公式キッチンを開設しています。省庁や自治体、大使館、幼稚園・保育園など、各キッチンでは、地域の特産品を使った料理や、食育、フードロス削減につながる献立など、様々なレシピが掲載されています。
 
【おうちでご当地グルメパーティーとは】
本企画では、自治体のキッチンが発信するご当地料理を「知る機会」と、実際に作って味わう「体験する機会」を提供します。
 8月5日(木) より特設ページを開設し、北海道から沖縄まで11の自治体のご当地料理を紹介。ニュースメディア「クックパッドニュース」では、各地のご当地料理にまつわるエピソードやレシピを掲載します。加えて例年お盆の帰省がピークとなる8月14日(土)、8月15日(日)には、レシピサービス「クックパッド」上でユーザーがご当地料理を作って画像やコメントを投稿する、「つくれぽ*3パーティー」を行います。つくれぽを通じて、ユーザーは自身が作ったご当地料理を発信し、味や作った体験を他のユーザーと共有することができる他、全国各地に根ざした料理や食材と出会い、食文化を学び、楽しむこともできます。

【企画概要】
<ご当地料理を知る>
おうちでご当地グルメパーティー特設サイト
 ・URL:https://cookpad.com/local_food_festival
 ・公開日:2021年8月5日(木)
クックパッドニュースでのご当地料理紹介
 ・URL:https://news.cookpad.com/
 ・記事公開日:未定(8月下旬予定) ※クックパッド公式Twitter(@cookpad_jp)、クックパッドニュース公式Twitter(@cookpad_news)にて随時お知らせします

<ご当地料理を体験する>
つくれぽパーティー
 ・参加方法:クックパッドに掲載されている各地のご当地料理レシピを参考に料理をし、「#本場の味」をつけてつくれぽを投稿する
 ・参加条件・対象:iOSアプリでレシピサービス「クックパッド」を使用するクックパッドユーザー ※ユーザー登録は無料
 ・公開期間:2021年8月14日(土)〜8月15日(日)

つくれぽパーティーのイメージ

 
【参加自治体のキッチンと代表料理】
 特設ページでは、下記11道府県のご当地料理34品を、おすすめコメントとともに紹介しています。

参加自治体と各地の代表的なご当地グルメ

掲載レシピ例
・北海道:酪農家の食卓に並ぶ「牛乳豆腐」
・福島県:特産のホッキ貝を使った漁師めし「ほっきめし」
・新潟県:お祭りの定番「ぽっぽ焼き」
・茨城県:特産のメロンを使った「メロンサンド」
・埼玉県:秩父のおやつ・おつまみの定番「みそポテト」
・京都府:特産の賀茂なすを使った野菜ソムリエ考案「賀茂なすそうめん」
・鳥取県:漁師や農家がお弁当として作っていた「いただき」
・徳島県:特産のすだちを使ったスイーツ「すだちフローズン」
・宮崎県:鎌倉時代から食べられていた郷土料理「冷や汁」
・鹿児島県:生産量日本一のサツマイモを使ったスイーツ「さつまいもとあんこの春巻き」
・沖縄県:にんじん大量消費メニューとしても人気上昇中の「にんじんしりしり」
ほか
 

■メディア掲載、取材に関するお問い合わせ

以下の問合せフォームより具体的な内容(ご企画のテーマ、質問項目、取材希望日など)を記載してお送りください。広報担当より直接お返事いたします。
広報へのお問い合わせフォーム:https://info.cookpad.com/contact/pr
 

■参考

*1:クックパッド 食の検索データサービス「たべみる」調べ
*2:各機関が作成したオリジナルレシピを投稿、公開するページ
*3:クックパッドに掲載されたレシピをもとに料理を作ったことを、写真とコメントで報告する機能

クックパッドとは
会社概要