2021年3月16日
クックパッド株式会社

クックパッド、ココカラファインと連携して生鮮食品の販売を拡大
2021年4月末までに東京都・神奈川県の50店舗へマートステーションを設置

クックパッド株式会社は、株式会社ココカラファインと連携して、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、2021年4月末までに東京都・神奈川県のドラッグストア「ココカラファイン」50店舗へ設置し、生鮮食品の販売を拡大することをお知らせいたします。

 
両社は2020年4月より、ドラッグストア「ココカラファイン」へのマートステーションの先行導入を開始。本日時点で東京都・神奈川県の14店舗に設置され、クックパッドマートで購入した商品が受け取れます。

また、「ココカラファイン 中延店」「ココカラファイン白金台店」を受け取り場所に設定する利用者向けには、日用品や飲料などココカラファイン各店舗で販売する商品をクックパッドマートのアプリ上で販売する連携も行っています。

 
このたび、先行導入店舗での利用数や販売連携が好調なことから、2021年4月末までにマートステーション設置店舗を東京都・神奈川県の「ココカラファイン」の50店舗へと拡大することを決定いたしました。

また、販売連携する店舗の拡大や、ココカラファイン店舗内でのクックパッドマート商品の設置販売の検討も含め、生鮮食品販売の連携を強化してまいります。仕入れや管理に大きなコストがかかる生鮮食品販売をクックパッドマートが補完していくことで、両社の強みを活かして事業展開を進めていきます。

クックパッドは、今後も地域の生産者や販売者と消費者をつなぐ様々な仕組みを開発・提供し、買い物をもっと自由にすることで、毎日の料理を楽しみにすることを目指します。

クックパッドマート公式サイト:https://cookpad-mart.com/

 

■初期費用・固定費無料で出店可能、新規出店する生産者を募集中

クックパッドマートは、初期費用・固定費無料で出店できるECプラットフォームです。煩雑な梱包や発送の手間をかけず、日々の業務に負担なく販路・認知を拡大できます。地域の生産者、卸売市場の仲卸、商店街の専門店、飲食店や惣菜店などの多様な生産者が600店以上出店しています。

<出店に関する詳しい情報やお問い合わせはこちらから>
https://cookpad.com/ct/187907

 

■参考資料

クックパッドマート、日用品や飲料など生鮮食品以外の取り扱いを開始〜第一弾としてツルハドラッグ、ココカラファインと連携〜
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000146.000027849.html

 

【株式会社ココカラファインについて】

■社名   :株式会社ココカラファイン
■本社所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6イノテックビル
■代表者  :代表取締役社長 塚本 厚志
■設立日  :2008年4月1日
■資本金  :201億84百万円
■公式サイト:https://www.cocokarafine.co.jp

 

【生鮮食品EC「クックパッドマート」について】

クックパッドマートは、生産者と消費者をつなぐ生鮮食品ECプラットフォームです。地域の生産者が販売する食材を、1品から送料無料で、出荷当日に新鮮な状態でお客様へお届けします。
商品は、店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」の中からお好きな場所・お好きな時間でピックアップすることができます。2020年4月より一部地域において自宅への宅配サービス(有料)も開始。ピックアップ・宅配の2つの手段からライフスタイルに合わせたご利用が可能です。

クックパッドマート公式サイト:https://cookpad-mart.com/

 

【クックパッドマート アプリ概要】

アプリ名称:クックパッドマート
開発・運営:クックパッド株式会社
サービス地域:日本
対応言語:日本語
価格:無料 ※買い物にはクレジットカードが必要
iOS版アプリダウンロードURL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1434632076
Android版アプリダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cookpad.android.martec

 
クックパッドとは
会社概要
プレスリリースに関するお問い合わせ先