“最善”を繰り返し追求することで最適解を目指し続ける
総合職 大寺 裕也/2014年中途入社
使うほどに魅力を感じるサービスでマーケティングに取り組む

―転職理由について

これまでインターネットサービスのマーケティングに携わり、マーケターとしてのキャリアを歩んできました。クックパッドに入社する前は、オンライン自動車流通サービス、ゲームアプリや新規事業の立ち上げにマーケティングの視点で携わりました。次の職場としてクックパッドを選んだのは、身近な生活に関わる仕事がしたいと思ったからです。特に、料理という事業分野に惹かれました。初めてひとり暮らしをはじめたときには実家から使い慣れたタルト型を持参したほど料理が好きで、クックパッドを日々使っています。利用者としても仕事としても、使えば使うほど新しい魅力があり、サービス・事業両面で強い可能性を感じています。

―現在の仕事について

プレミアムサービスのユーザー数拡大と利用促進のためのマーケティングを担っています。クックパッド内部の施策や様々な広告手段によって多くの方にプレミアムサービスを知っていただき、サービスをご利用いただくこと。そして、様々な企業とパートナーアライアンスを構築し、パートナーとの協業によりプレミアムサービスの利用者を増やすこと。この2つが我々の仕事です。マーケティングには企画と販売促進の両面があります。ユーザーインタビューなどの調査を通じてコンセプトを固める、ビジネスモデルにインサイトを反映する、など仕事は多岐に渡ります。プロジェクトを一から立ち上げ推進する強いオーナーシップが求められる仕事です。

―マーケティングに必要な能力

クックパッドのマーケティングチームは、少人数なチームで動いているため各人が課題発見から戦略立案、実行まで幅広い領域に関与します。そのため、自ら考えて率先して動ける姿勢が大事だと考えています。僕らの仕事は一度で最適解にたどり着くことが難しいので、常にそのときの”最善”で手段を検証し、改善の繰り返しによって最適解に近づけるアプローチを大切にしています。また不確実性が大きい中であっても、最善手段を検討し、最速で価値を生み出すための「スピード」を強く意識しています。もちろん大前提としてサービス利用者の気持ちを正しく理解する視点や手段も必要としていますし、課題をもとに打ち手を考えられる戦略思考も重要です。

個性が仕事にも活きる環境

―クックパッドの魅力

クックパッドには”自分の強み”を自覚して、それを使って活躍している人が多くいます。また、各人が部署や職域にとらわれず「自分にできること」を「自分の仕事」と捉えて実行するのが自然だという雰囲気があります。この2点がすごく良い文化を形成しています。
例えば、ケーキづくりが得意な人にコンテンツ作成の参考に話を聞いてみようとか。写真の撮り方や編集方法はあの人に教えてもらおうとか。趣味や個性のレベルの個人スキルが仕事の場でもしっかりと価値を生み出しているのが「クックパッド」の特徴かもしれないです。その意味でも社内で居場所がないと感じるメンバーはいないと思いますし、転職したばかりの人でも誰かに何かしらのGIVEをして活躍しやすい環境だと思います。

クックパッドのマーケティングは奥深くて本当に面白い

―今後の目標について
 
クックパッドのマーケティングは奥深くて本当に面白いと日々思っています。例えば、料理に関する家庭内の会話量。"普通の"会社では意識することのないような種類の指標ですが、我々にとってはとても大事な指標になりえます。家庭において料理に関する会話量が増えることは、僕らにとってはマーケットが広がることと同じ意味を持ちます。そういうことも含めて、生活に関わるサービスのマーケティングってすごく楽しくて、クリエイティブな世界がいっぱいあります。やるべきことはまだまだたくさんあるので、色んな切り口から取り組んでいきたいです。