やりたいこと、やるべきことの両立で自らの道を切り開いていく
エンジニア 外村 和仁 / 2015年中途入社
優秀なエンジニアがいる環境でさらなる成長を目指したい

―転職理由について

前職では制作事業・技術メディア運営をしているweb企業で、CTO職についていました。前職は会社の規模が小さく、会社の技術に責任を持って意思決定・マネジメントができる点にやりがいを感じていました。その一方で一人のエンジニアとして自分自身の技術力を向上させたいと考え、優秀なエンジニアがいる環境で成長したいと思ったのが大きな転職理由です。また前職は受託(クライアントワーク)だったので、もっとこうした方が使いやすいとか、こっちの方がユーザーにとっていいと僕が思っても、その考えがクライアントにマッチしなければこちらが折れなければいけない。理不尽な理由で仕様変更を求められることもあり、そういった大変さやストレスがありましたね。クックパッドでは徹底的にユーザを向いたものづくりをしており、「ここでならユーザーに直接価値を届けられるサービス開発ができる!」と思ったことが決め手です。それから、僕は今までフロントエンドの仕事が主だったのですが、サーバーの仕組みづくりなどもう少しバックエンドのことにもトライしてみたくて。さらなるチャレンジができる環境に身を置きたいという思いも転職を考えるきっかけになりました。

子育てとの両立が叶う自由度の高い会社

―今の仕事について

現在はサービス開発部でエンジニアの仕事と人事部での仕事を兼任しています。基本的にはサービス開発部でバックエンドの開発をメインにおこなっていますが、正直両立するにあたって大変なこともあります。しかしそれ以上にいいことがたくさんあって、開発の仕事で感じた会社の仕組みとして足りない部分を人事の方で制度化できたり、今のサービス開発においてどのように人が足りていないかを僕自身も実感できますし、現場のダイレクトな声を吸い上げた提案ができるのは、兼任ならではの大きな魅力だと思います。

―仕事と子育ての両立について

僕はできるだけ子育てに参加したいと思っているので、今はそのバランスを大切にしています。クックパッドは男性社員も積極的に育休を取る文化があります。というのも、そういった行動をマネージャー職の人が率先して実行してくれているので、子育てと仕事を両立しやすい環境、空気が社風としてあると思います。制度だけがあってもダメなんですよね。育休を取ったはいいけれど、復帰したら窓際に追いやられる、みたいなことでは意味がない。クックパッドでは子どもが熱を出して急に休みをとっても白い目で見られることはないし、メンバーみんなが柔軟に対応してくれます。ルールを決めることも大事ですが、実はそういった文化や空気感が一番大事かなと思います。

―両立するための具体的な働き方

クックパッドの勤務形態はコアタイムのないフルフレックスで、月の勤務時間の中で出社や帰社の時間を調整することができます。現在は子どもの生活リズムに合わせて、出社は7時30分、帰社は4時30分にして保育園へのお迎えを担当しています。実はわが家は妻も同じ会社にいるので、夫婦で働く時間をずらしてうまく分担しています。仕事も家にはなるべく持ち帰らないようにしていますね。子どもが起きている時間は基本的にやりません。仕事をする場合は子どもが寝てからにしています。育児をしていると仕事の時間はどうしても制限されるので、そこのやりくりが一番難しくて、今の課題でもあります。時間のやりくりをしっかりやらないと開発に集中できる時間が減ってしまうので、ミーティングなどはまとめて同日に入れたり、今は朝早く出社しているので、会議の入らない朝に集中して作業をするなど、意識してやっています。

やるべきこと以外に、やりたいことも決して諦めない

―オープンソース活動について

僕は入社前からオープンソースの活動をしていて、今は子どもが寝たあと1日2~3時間をその開発に当てています。趣味の領域ではありますが、業務を改善するために必要なアプリケーションをつくったり、個人の開発をずっと続けています。僕がつくったものを実際に会社の業務で使ってくれている人もいて、クックパッドではそういった活動も評価の対象になるのでありがたいですね。やるべき仕事、子育てをしながら、今後もよりよいサービスの提供に貢献できるよう、個人的にも活動を続けていきたいと思っています。