多くの人にサービスを知って頂くきっかけ作り
総合職 鈴木 友恵 / 2013年中途入社
より多くの人にサービスを知って頂くきっかけ作り

—現在の業務と仕事のやりがいについて
現在は広報でメディアの対応を担当し、テレビ番組やWEB、雑誌でクックパッドのサービスやレシピ・コンテンツの紹介をしてもらう窓口として働いています。
料理番組や情報番組からのお問い合わせを受け、食のトレンドやレシピを紹介することも多いですが、自分からも積極的にクックパッドが各メディアに取り上げてもらえるよう、日々、提案に行っています。
レシピサイト「クックパッド」は大半の人に知られていますが、クックパッドの新規サービスは、まだまだ知られていません。そういったサービスを、メディアへの露出などを通して世の中の人に知って頂く機会を作ることに、最もやりがいを感じます。

ユーザー視点でサービスを見る事が出来る

—クックパッドで働いてよかったと思うこと
前職では、営業職を8年やっていました。転職を考えていたとき、自身の結婚のタイミングで食への関心が高まっていたこともあって、クックパッドに出会いました。そして、クックパッドのサービスの素晴らしさに惹かれて入社を決めました。クックパッドで働いてよかったと思うことは、自分自身が、ユーザー視点でサービスを見る事が出来るところです。“食”は生活の中で欠かせないものですし、実際会社を一歩出たら、1ユーザーとして毎日のように使っています!(笑)さらに最近は、ママ向けのサービスも提供していますので、メディアの方とお話していても以前より、よりリアルにお話ができるので、母であることが仕事にも活かされています。 会社の雰囲気としては、とても自由度が高いと思います。入社年度に関わらず、お互いの話を聞く体制が整っていてフラットなので、仕事がしやすい環境だと思います。

時間の制約があるからこそ生まれる、効率の良さ

—育児と仕事の両立について
今は2歳の子どもがいるので、フレックスタイムを利用して8:30~17:30で働いています。育児と仕事の両立は大変なことも沢山ありますが、オン・オフを切り替えてバランスを取るようにしています。時間の制約があるからこそ、いかに段取り良く仕事を行うかを常に考える為、以前よりも効率よく働く事が出来ているかもしれません。例えば、打ち合わせなど人を巻き込む仕事は早い時間に設定し、自分一人でできる仕事は後にするなど、前以上に心がけています。
また、子供が熱を出して突然帰らなければならないことも少なくはないですが、こういった状況も周りのみんなが柔軟に受け入れてくれるので、安心して働けています。
育休後復帰してからも、出産前と変わらない空気感で働けるこの会社の環境は、とても有り難く思います。

新規サービスを露出する成功ストーリーを多く作り出したい

—今後の目標について
今後は、新規サービスを取り上げてもらうためのストーリーを、どんどん見つけて伝えたいですね。
その為に、私自身が最近増えている新規サービスを理解することに、必死です!サービスの内容だけではなく、それぞれのサービスがどのような想いで作られたのかを、様々な背景から理解するため、事業部と多くコミュニケーションを取ることを心がけています。同時に外のメディアを知る事も欠かせないので、広告担当になってからテレビを積極的に見るようになり、よく娘ともチャンネルの取り合いをしています(笑)社内と社外、両者の情報を得た上で、クックパッドのサービスとメディアを上手くマッチングする架け橋になりたいですね。
※2015年6月現在