作りたいレシピとの出会いを届ける
総合職 岡根谷 実里 / 2014年新卒入社
興味があることはやる

ー学生時代について
とにかくいろんな事に興味があって、気になることは何でもやってみる学生でした。例えば、体育会卓球部の主将をしたり、オーストリアへ留学していた際にバックパックを背負い東欧を中心に30ヵ国訪れたり。

「おいしい=幸せ」は世界共通

ー入社理由について
大学時代は国際協力に関心を持ち、土木工学の技術者として途上国の人々の幸せに貢献したいと考えていました。しかし、ケニアでインターンシップをしつつ農家の家族と一緒に暮らす中で、インフラ整備やそれによってもたらされる経済発展よりも、もっと身近にもっと確実に人の幸せを感じられる「食」という面から人の生活を変えたいと考えるようになり、その事がクックパッドに興味を持つきっかけとなりました。ケニアの家族との生活で感じたのは、おいしいものを食べている時間は、すべての人が幸せと感じられる瞬間だということ。料理を自分の手で作って、それを食べた人が幸せを感じ笑顔になっていく。全く特別なことではありませんが、日本でも、ケニアでも、全く異なる環境に生きる人達が共通に感じる身近な幸せを改めて感じることが出来ました。自分が作った料理で、自分や自分の周りの人を幸せになっていく。身近な小さな幸せから徐々に幸せの連鎖を作っていきたいと思い、帰国後にクックパッドへの入社を決めました。

作りたいレシピとの出会いを届ける

ー現在の業務について
検索・編成部では、クックパッド上で検索をすれば必ず作りたいものが見つかるような体験を提供する事を目標に、毎日ユーザーの事を考え、改善を行っています。例えば、「韓国料理」というキーワードで検索したユーザーは、韓国料理の何を知りたいのか?どんなレシピに最終的に行き着いているのか?などをデータを元に検証し、キーワードで検索したユーザーが、作りたいレシピに確実に出会えるような仕組みづくりをしています。ユーザーの検索成功率に効果が現れた時は、一人ひとりのユーザーの身近な幸せづくりに直接関わることができていると実感し、大きな喜びを感じます。作りたいレシピが見つかって、手作りの料理で幸せの連鎖が生まれていることを想像すると、自分の仕事にやりがいと誇りを感じモチベーションも必然的に上がってきます。

人を巻き込む力

ー今後の目標について
世の中に大きな変化を与える為には、沢山の人と関わり協力し合う事が必要です。成果を出すために、自分の出来る仕事を増やす事も大切だと思いますが、入社して1年半経った今は、周りの人に協力して貰える人間になる事がとても大切だと感じています。周りの人を巻き込み仕事を進められる人と仕事をしていると、「仕事だから協力する」ではなく、「あの人だから一緒にやりたい」など、色々な事ををポジティブに捉えることが出来て、結果として良いものを作っていくことが出来ます。より多くの幸せの連鎖を生むために、人を巻き込み、巻き込まれる力をつけていきたいと思います。
※2015年6月現在