ユーザーさんと向き合うからこそ価値を届けられる
デザイナー 若月 啓聡 / 2016年新卒入社
大好きなデザインの仕事で、毎日の料理を楽しみにしたい

―学生時代について

僕は中学生の時にWebデザインに興味を持ち、デザインやプログラミングの勉強をはじめました。高校生になってからはWebサービスを制作するようになり、フリーランスとしてWebデザインを行ってきました。大学時代には、中高生向けプログラミングスクールでWebデザインコースの立ち上げ、カリキュラム作成、メンターなどにチャレンジしてきました。自分が得意なデザインによって、サービスを見る人・使う人が喜んでくれることが嬉しくて、休日も個人のWebサイトや個人のアプリのデザインを作ったり考えたりしています。

―入社理由について

自分はもちろん、友だちや家族などまわりの身近な人たちがクックパッドを使っていたので、そういった日常生活に役立つサービスのデザインに関わりたいと思い、アルバイトをはじめました。サービス開発の部署で、新機能の開発を経験したのですがそこで驚いたことが、価値検証に対する真摯さです。機能を作る時にアイディアから入るのではなく、ユーザーさんが抱える課題の調査から入ります。サービス開発の発想起点が「サービスの課題」ではなく「ユーザーさんの課題」であり、その価値検証を納得がいくまでおこないます。メンバー全員がユーザーさんを向き、同じ目線で会話をする。全員がユーザーさんのことを考えている。その姿勢に共感して入社を決めました。

ユーザーに対する理解を深めて構造からデザインをしていく

―現在の仕事について

サービス開発部でクックパッド本体のiOSおよびAndroidアプリの機能設計、画面設計を担当しています。新卒1年目のときに新機能の企画からリリースまでをデザイナーのメイン担当としておこないました。クックパッドでは機能の着想段階から、チーム全員で議論します。部のKPIに基づいてやることの優先順位づけをし、機能の仕様を決めていきます。それからデザイナーがユーザーさんの利用シーンを想定して、画面設計やプロトタイピングに落とし込みます。実装はエンジニアにお願いをするのですが、価値検証段階ではXcodeを用いて自らデザイン調整をすることもあります。自分でできることは自分でやるということを徹底して、開発効率を向上しています。こうやって新機能をリリースするわけですが、実はこのときに苦労したのはその後でした。新しい機能を世に送り出したあとに「どうやったらユーザーさんに使ってもらえるのか」というところが難しい。リリース後に毎日ユーザーの行動を数字で見ていたのですが、利用者数が少なく「新しい機能に気づいてもらえていない」「使い方が伝わっていない」ことが課題だと気が付きました。そこでユーザーさんに対して、機能を紹介するメールを送信したり新機能ページへの導線の改善などをおこないました。リリース後にユーザさんの反応を見て、サービスを成長させるところまで担えるのは大きなやりがいだと感じています。

―クックパッドにおけるデザイナーの役割

デザイナーの仕事≠画面デザインだと思っています。一般的にアプリやwebのデザインと言うと、美しいビジュアルをつくるのが仕事だというイメージを持つ人が多いですが、実は見た目をつくる作業はほんの一部です。それまでに、今ユーザーさんが何に困っていて、それを解決するためには、こんなものを提供したいからどうしていこうか、といった価値・体験の設計に責任をもっています。ユーザーさんの課題を考え、仮説を立て、プロトタイピングを検証し、画面のデザインを制作していくのがクックパッドのデザイナーの役割です。なので、仕事の9割は話したり考えたりする時間ですね。デザイナーが情報のデザイン段階から入ることで、ユーザーさんの目線に近いデザインが作れると思います。またクックパッドには様々な強みを持ったデザイナーがいます。ある人はユーザーインタビューで真のニーズを引き出すのが得意、ある人はXcodeを用いてプロトタイプングで価値検証をしているなど、それぞれの強みを活かして協力しあっています。

日常に拾うべきヒントがたくさんある

―業務で大事にしていること

人の声を取り入れることで、ユーザーさんの目線に近づくことを大切にしています。クックパッドの利用者には主婦層の方々が多く、利用シーンも「料理をするとき」「料理のことを考えているとき」と明確です。だからこそ自分の感覚だけでデザインをしてしまうと、ユーザーさんが求めるものからそれてしまう可能性があります。普段から、考えたアイディアは可視化して共有する、Slackのチャンネルに投げて何人かの意見を聞いてみる、ユーザー社員にインタビューをして作ったものを触ってもらう、といったことを意識しています。そして使ってもらう際には、困った顔をしたり、迷うような動作に注目して、それがどうしてなのか考えるようにしています。また他のデザイナーやエンジニアと会話することも大切にしています。ちょっとした思いつきを相談してみると、同じ物差しを持った仲間から思ってもみない意見がもらえるので、刺激的な環境です。ユーザーとしても働く仲間としても、そういった身近な人の反応を逃さず拾ってサービスの改善に役立てています。